男の人

うつ症状が現れたら早めに病院へ|医師に相談しよう

検査をしても問題ないとき

女の人

心や身体の不調を感じたら

人は誰でもうつ状態に陥る可能性があります。仕事が上手くいかない、子育てに悩んでいる、大切な人を失ったというような理由や、結婚などの本来はめでたいことまで原因になります。最初はちょっとした心身の不調くらいにしか感じないかもしれません。気持ちが落ち込んでいる、集中力が落ちて失敗が増えた、眠れない、今まで楽しかったことが楽しめない等の症状、身体のあちこちが痛い、食欲がない等の身体症状が現れます。このような症状が2週間以上続き、身体的に問題がない場合にはうつ症状が疑われます。今までは症状があっても身体的な病気が見つからないことから本人の怠けのだと言われることも多く、本人もそう思い込んで辛い状態に陥りがちでした。うつ病自体があまり知られていなかった頃、「うつ病は心の風邪」というフレーズが使われるようになりました。それから一気にうつ病が注目を浴びるようになり、受診する人達が増えました。そしてきちんと診断を受け、治療を受けることによって苦しみから解放されるようになりました。「うつ病は心の風邪」というフレーズは、うつ症状であることや精神科受診への抵抗感を下げることに大きく貢献したなのです。

家族が不調を訴える時

家族がうつ症状に陥っているのではないかと最初に気づくことができるのは家族であることが多いです。普段と違って気分が塞いでいたり、不眠や身体の痛みなどを訴えが続くようならば注意が必要と言えるでしょう。うつ症状は治療することで症状の改善を期待することができます。反対に放置してしまうと自殺に至ってしまう病気でもあります。もしかして、と思った時には精神科や心療内科を受診してみないかと声をかけることが大切です。最初は一緒に付き添ってあげることも本人は安心出来るかもしれません。そして家族として本人の様子を客観的に話すと診断の助けにもなります。うつ病と診断されたら服薬と休息が大切な治療となりますので、本人が服薬管理が難しい場合は代わりにチェックし、十分な休息が取れるよう環境を整えましょう。