もしかしてそれはうつ病かも病気の特徴を知ろう

うつ症状が現れたら早めに病院へ|医師に相談しよう

特徴と防止のための工夫

カウンセリング

うつ病の特徴的な症状として、マイナスな感情が抜けない、好きな事すらやろうという気力が起こらなくなるというのがあります。予防のため、日ごろから自分の性格を自覚したり、規則正しい生活を送るといった工夫をしましょう。万一、おかしいと感じた場合は、早めに病院へ行くことも大切です。

もっと読む

自分の体は自分で守る

看護師

気分の落ち込みや不眠などの症状が出たら、病院に行くべきかをチェック表などで判断し、速やかに治療を行うことが大事です。治療の基本は投薬ですが、太陽の光を浴びることで、うつ症状を緩和することができます。体調に見ながら、外に出る機会を増やすと良いです。

もっと読む

検査をしても問題ないとき

女の人

以前は心身の不調があっても本人の怠けだと見過ごされてしまううつ病でしたが、「うつ病は心の風邪」とフレーズから受診者が増えました。本人の辛い症状の訴えや様子がおかしいことが続くようなら、家族は受診を勧め、しっかり服薬して休息出来るよう環境を整えましょう。

もっと読む

再発を防ぐ治療

カウンセリング

気持ちが塞ぎ込んでしまう症状と双極性障害の症状が出るのが、うつ病です。双極性障害の場合は、うつ症状と何でもできると前向きになる躁の状態が交互に現れるため周囲が気づかないことも多いのが特徴です。うつ病の症状に気がついたら、できるだけ早く精神科や心療内科を受診することが大切です。

もっと読む

積極的な受診が大切

看護師

うつ症状などのこころの病気は広く知られるようになりました。心療内科や精神科を早めに受診して適切な治療を受けることが大切であり、近年では積極的に受診する人が増えました。インターネットで情報を入手してどの病院に行くかを選択しましょう。

もっと読む

医療機関に相談を

医者

早く気付くことが大切です

うつ状態になってると、さまざまな症状が出てきます。その多くは、やる気の喪失など精神的なものになりますが、頭痛など体にも影響が出てくることがあります。精神的な病気になっていることもありますので、うつが続いているならば早めに精神科などを受診するとよいでしょう。肉体の病気同様に、うつ状態が続いてしまうと、どんどん悪化してしまうケースが少なくありません。精神科や心療内科にいけば、カウンセリングなどの治療を受けることができますが、すぐに治るわけではありませんので、症状が軽くても数カ月程度はかかると考慮しておいたほうがよいでしょう。また、早く治そうと考えてはいけません。焦れば焦るほど、うつなどの症状が改善しにくくなるので、医師と話し合いをして、ストレスを減らしていくことが重要です。症状によりますが、薬が処方されるなど負担を減らすための治療がありますので安心できます。二週間以上、気分が落ち込む状態が続いているならば、うつの可能性があります。現在では、うつの症状で精神科を利用する人は増えていますので、不安などがあるならば、いち早く病院に行くとよいでしょう。

サポートが充実しています

医療機関で治療を受けるとなれば、さまざまな話をすることになります。精神科などの医師は、こちらの話をきちんと聞いてくれます。そして、どのような経緯でストレスがたまっていったのかなど、さまざまな要因から治療方針を決めていきます。うつは、治療を受けても症状が変動することが分かっており、気分がよくなったり悪くなったりを繰り返すといわれています。また、時間帯によっても変わる可能性が高いので調子がいい時があっても、治ったわけではありません。そのため、うつは再発しやすいものです。時間をかけて少しずつ治療を進めていく必要があります。なぜなら、人によって症状が違いますし、年齢を問わず誰でもうつになってしまう可能性が考えられるからです。現在では、治療費の負担を減らす制度など病院によってさまざまなサポートを受けることが可能です。うつには種類がありますので、それぞれに合った治療方法が必要になります。症状が悪化してしまうと生活にも影響が出てきますが、精神科などに行けば、うつに詳しい医師もいますので症状の軽減に役立つでしょう。